レディ

androidのアプリ開発に重要なのは企画力

このエントリーをはてなブックマークに追加

確実なリリース

アプリケーション

iphoneのアプリ開発は、アプリを作った後に行なわれるリリース前審査がポイントになります。androidと比べると、iphoneのリリーステストは厳しいのです。まずiphoneの審査機関は1週間ほどかかります。androidは1日で審査が完了します。審査期間がまず異なるのです。その分入念なチェックを行なうことになります。国際的な観点から、テロを連想させるもの、性的な表現があるもの、利用者に対し不快な思いをさせる可能性があるものなどを主に落としていきます。もちろん、不出来で正常に動作しないなどはもってのほかです。iphoneのアプリ開発をし、リリースを成功させるには、実績のある専門会社に依頼する方と良いでしょう。実績のある専門会社は、すでに何度もリリーステストを受けており、通れるコツを把握しています。さらに、デバッグも依頼することができるので、不出来で落とされる危険性を回避できます。多くの端末でデバッグを行なうことにより、その端末でも、問題なく使えるのかを確認することができるでしょう。専門のデバッグ社員などが、チェックを行なうのでアプリのクオリティを確実なものにすることができます。またアプリ開発は作って終わりではありません。リリース後も、ユーザーからのエラーレポートを受け取って対処し、より使いやすいようにシステムをアップデートしていくことが必要です。アプリ開発後の保守も、専門会社に依頼することができるので、自社のデバッグやアップデート作業の人件費削減も可能です。